ハッピーメール

ハッピーメール公式サイト!男性は今なら135Pプレゼントキャンペーン実施中!

ハッピーメール会員ログイン

 

淡い恋の思い出

思い出すと恥ずかしくなるような話です。
その頃私は中学校を卒業したばかりで、新しく通うことになる高校に胸を高鳴らせていました。
そんな時、彼が現れたのです。

 

彼とは同じ中学校だったのですが、ほとんど話したことはありません。
だったのですが、私と同じ部活だった男の子と友達だったみたいで、そこからたまに話すようになりました。

 

彼は明るい人物でしたが、二人きりになると「ああ」「うん」とそれだけで会話を終わらせてしまうことが多々ありました。
あの頃私たちはお互いに中学生を卒業したばかりでしたし、慣れていなかったせいかも知れません。
我慢していればよかったのかもしれませんが、私もそんな彼に愛想を尽かしてしまっていました。

 

半月ほどグダグダと付き合ったのですが、やはりデートをするでもなく、連絡をとるでもなかったので、段々と疎遠になっていきました。
その後すぐに、少し歳の離れた人と付き合いました。

 

疎遠になってしまっていた彼には「別れよう」と一言だけ伝えて別れてしまいましたが、卑怯なことをしたと思います。
今は彼が幸せにしてくれているといいなあと無責任に思ってしまいます。